遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間5選

恋愛について

皆さん、遠距離恋愛の経験はありますか?

仕事や進学などの理由で、大好きな相手と離れて暮らさなければならないのは、

とても寂しくて辛いものですよね。

 

しかし、遠距離恋愛が辛いと感じているのはあなただけではありません。

私も7年に及ぶ遠距離恋愛を経験し乗り越え、結婚しました。

すぐに会えない寂しさや辛さで、涙を流したことも何度もあります。

 

遠距離恋愛に関する悩みを少しでも減らすことができるように、

遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間は、どのような時なのかお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間

1,落ち込んだ時や悩んだ時

仕事で失敗した時や、上司に怒られた時など落ち込んだ時は、大好きな相手に癒して励ましてもらいたいものですよね。

逆に相手が落ち込んでいる時に、そばにいて支えることができないので無力だなと思ってしまいます。

 

私たちは結婚を決めた後も別々に暮らしていたので、親への挨拶はいつしようか、顔合わせや結納についてはどうするかなど、

結婚に関することで悩んだ時もすぐに会うことはできないので、一人で悩む時間も多かったです。

2,連絡がなくて不安になった時

遠距離恋愛の最初は頻繁に連絡を取り合っていても、お互いの仕事などが忙しくなると、

連絡の頻度が少なくなってきたり、連絡のタイミングがすれ違ってしまったりして

不安に感じてしまう時があります。

また、連絡がなくなってくると、相手の気持ちが離れていってしまうのではないか、

近くに女性の影はないかなど心配になってしまいますよね。

 

連絡を取る頻度は2人によってさまざまだと思いますが、

私たちの間では生存がきちんと確認できるように最低1日に1回は連絡を取り合う

というのを決めて過ごしています。

3,誕生日やクリスマスなどのイベント当日に一人の時

お互いの誕生日やクリスマスなどのイベントが近くなると、大好きな相手と過ごしたいという気持ちが当然芽生えますよね。

 

誕生日やクリスマスのあたりで、お互いの休みが合って少しでも会うことができたらそれだけで嬉しくて幸せなのですが、

できれば、当日に一緒に過ごしてお祝いしたい、と毎年思っています。

 

さらに、クリスマスなどのイベント時に友人が恋人と会ってる写真などを見ると羨ましく思ってしまい、

それでもすぐには会えないことは理解しているので、とても辛くなってしまいます。

 

4,次いつ会えるか分からない時

遠距離恋愛では、会いたいのに会えないといった不安を常に抱え続けています。

電話をすれば声が聞けますし、テレビ電話を使えば相手の顔を見ながら話すこともできますが、

やっぱり直接会えるということは特別です。

 

例えば、「来週末には大好きな恋人に会える!」など

具体的に次に会える約束があればその日を楽しみに毎日頑張れますが、

次にいつ会えるのかわからなければ、ただ不安な気持ちや辛い気持ちが大きくなっていくだけですよね。

 

私も次に会える約束がある時とない時では、

日々を過ごすモチベーションや仕事へのやる気がものすごく違います。

5,会えたのにまたさよならしなければならない時

会える時間を楽しみに毎日を過ごして、やっと大好きな相手に会えた時は、

遠距離恋愛をしている中で一番幸せな瞬間ですよね。

久しぶりに直接顔を見て話したり、スキンシップをとったりして、

とても幸せな時間を過ごした後は、必ずさよならする時がやってきます。

 

このさよならの時が私が遠距離恋愛を経験して一番辛いなと感じる瞬間です。

お別れが寂しくて、涙を流したことも何度もあります。

 

でもさよならが辛いと感じているのはあなただけではなく、

あなたの大切な恋人もあなたと同じくらい寂しいと思っているはずです。

彼も辛い気持ちは同じだから、また次会える時まで二人で頑張って行こう!

と気持ちを奮い立たせて遠距離恋愛を何とか続けることができました。

 

まとめ、遠距離恋愛が辛いと感じる瞬間5選

 

  1. 落ち込んだ時や悩んだ時
  2. 連絡がなくて不安になった時
  3. 誕生日やクリスマスなどのイベント当日に一人の時
  4. 次いつ会えるか分からない時
  5. 会えたのにまたさよならしなければならない時

 

遠距離恋愛は確かに辛いことも多いです。

しかし、その不安や辛い気持ちを一人で抱え込むと、辛い気持ちは高まる一方です。

 

離れているからこそ、自分の気持ちを恋人に話すようにしましょう。

そうやって二人の絆は強くなっていくのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました